2016年01月24日

こんな事がありました。

昨年の事ですが載せていなかった事柄が沢山あるので少しづつアップしたいと思います。
転院で来られた猫ちゃんですが、元気がなく目がうつろでした。
菜箸が折れてのどに刺さった可能性がある仔で先医では問題ないでしょうと言われていたようです。
麻酔をかけ刺さったと思われる部分を探しましたが見つけられず。
DSC00860.JPG
やもうえず、いったん取りやめし、検査センターでCTを撮ってもらいました。
DSC00906.JPG
方向がきちんとつかめないとなかなか摘出できないものです。
再度麻酔をかけ無事に摘出する事が出来ました。
DSC00911.JPG
諦めず、再度トライしてよかったです。
病気に対する治療の熱意は時にとても大切なものだと感じています。

posted by 院長 at 23:25| Comment(2) | 日記

2016年01月12日

今年の決意

世の中はもうすっかり正月気分も消えた感じですね。
私共は正月気分に浸ることなく年末年始を送った印象です。
実際は前年度以上に忙しくハードな年末年始でした。
重症例が多くて入院件数が通常の倍。緊急手術も外来もいっぱいいっぱいでした。
頑張ってくれたスタッフには本当に感謝です。
それと年末年始ウチの病院は休むから何かあったらやってる病院自分で探して〜。と言われて当院を見つけて来院された方が沢山いました。中には寝たきりの重症例でありながら退院させられた方もいました。
どの病院からも紹介状はありません。残念です。
夜間休日の診療に対する対応は、集団として動物病院が対応しなくてはいけない重要な問題だと思います。
人と同様、少なくとも当番医などを設定するなどして頂きたいものです。
自分の目標は全然ですが、私の中での当院の今年の目標を決めました。
今年も更に職場のソフト面でもハード面でもレベルアップを行います。
それとスタッフの働く環境ももっと良くしたいです。
変わらないのは病気に対して向き合う姿勢です。これからも動物達の命を守るために懸命に頑張っていくつもりです。

posted by 院長 at 07:27| Comment(2) | 日記