2016年04月10日

サポーター

昨日は朝からずっと仕事で昼食も充分取る時間もなく、さらに仕事は定刻の8字をとうに過ぎ終わったのは夜9時30分でした。(それまで私の診察を辛抱ずよく待って下さった飼い主の皆様ありがとうございます。そして申し訳ありませんでした。)
外の空気を吸いたくなって自転車に乗ると釣り針を飲み込んでしまった犬の処置を夜勤担当の先生から依頼。牛丼をかき込み再び職場に戻ります。近隣の動物病院で対処して頂けなかったらしく栃木県小山市からの来院でした。
内視鏡で何とか胃の中にあった釣り針を取り除くことに成功しました。
悪条件の中の処置だったのでしばらくは精神の緊張感が解けずなかなか眠れません。

私がこのような生活の中で頑張れるのは共に働いてくれるスタッフの支えがもちろん大きいですが、同様に飼い主の皆様の支えが非常に大きいです。
それは感謝の気持ちを言葉で表せきれないほどです。
時々疲労が蓄積して顔に出てしまう事も度々あるのですが、ねぎらいや温かい言葉をかけて下さる方が大勢います。
また私の精神力生命力を見抜いてアドバイスして下さる方もおいでです。
私が気にするといけないと思ってそっとスタッフに進言して下さる方もいらっしゃいます。
本来は私が助けの手を差し伸べなくてはいけないのに逆に助けて頂く事も多々あります。
私を色々な形で助けて下さる方々には本当に感謝しきれない思いです。
その中で私をサポートして下さる最高齢の方をご紹介いたします。
お二人とも80代のご婦人ですが人生の荒波を乗り越え今なおバイタリティがあって向上心チャレンジ精神が若い人に負けないくらい豊富な方です。
お一人は甘い物が好きな私をご存じでよくお菓子を下さるのですが、健康を考えて下さってカルシウムお多い魚の骨の煎餅やドライトマトやゴマのお菓子など自然食品を頂きます。なによりもそのお気持ちが有難いです。
またもう一人の方も心をかけて下さるのですが加えていつも一句を添えて下さります。
春には「桜咲き 夢も新たに 第一歩」
と云う句を頂きました。80代の方が今も現役で働いておられ更に目標を持って第一歩を歩もうとされる姿に感動しました。
私も更にステップアップしなくてはいけないとチャレンジ精神を新たにしました。
仕事を通して御恩に報いる事が出来るようにこれからもがんばります。
posted by 院長 at 11:12| Comment(0) | 日記

2016年04月08日

かわいいペット

先日中枢神経系の異常をきたした高齢のチャボが来院しました。
治療の甲斐あって再び元気を取り戻す事が出来たのですが
P1000015.JPG
愛情をかけてもう長く飼育されている鳥なので元気になると手乗りチャボになっていました。
普段いつもこうなのだそうです。
幸せな時間がこれからも長く続きますように。そんな思いでシャッターを切りました。
posted by 院長 at 23:21| Comment(0) | 日記

骨折手術

この所、骨折の手術をする機会が増えてきています。
DSC01446.JPG
小型犬の前足て首付近で骨折してしまうもので比較的手術の難しいものです。
手術の方法はさまざまあります。当院でも創外固定髄内ピンなどございますが現在はプレートをもちいた固定方法で副作用の少ない良い成果が出ています。
それと当院では以前にもご紹介したオゾン療法と積極的な鎮痛剤の使用を行う事により治療効果を高めています。
オゾンガスは末梢組織の血液循環を高めてくれるので手術後、手術した部分が血行不良により腫れる事が無くなりましたし、治るスピードも速まりました。これまで創外固定の良い部分も少なくなった印象さえします。
さらにフェンタニルなどのオピオイド系鎮痛剤を手術後痛みのピークを越えるまで使う事により、手術翌日から食欲もあり、手術した足を接地して生活します。
痛みによるストレスは体内からのステロイドホルモンの分泌を増やし治癒の遅延を引き起こすのですが、痛みをコントロールする事によりステロイドの分泌を抑制できるので回復も早まります。
当院では手術後の痛みを段階的に痛みのレベルに合わせて鎮痛剤を変える事によりコントロールしています。
posted by 院長 at 09:13| Comment(0) | 日記

レントゲンが更にきれいに見えるようになりました。

昨年の学会に参加した時、次世代のレントゲン造影システムの展示を目にしました。そろそろ買い替えを検討していたので熟慮した結果思い切って導入をする事にしました。
飼い主さんからすればレントゲンはどこの病院でも同じと思われる方がほとんどだと思います。
でも実際は凄く差があります。
これまで当院で使っていた9年前のシステムをそこそこきれいではありましたが細かい所は充分きれいとは言えませんでした。今回導入したDR(デジタルラジオグラフィ)はDRの中でも次世代のものできれいさの質がケタ違いです。イメージとしては一昔前のデジカメと最新型のデジカメ位違います。
最新のDRは画像の情報量が数十倍多いので画像を拡大してもぼやけません。
この画像は私のガラケーを映したものです。
DSC01444.JPG
エコーも含めレントゲンのシステムも進歩はとても速いです。それはCTやMRIなどにも言えます。
実際は診断機器が揃っているかと同じように定期的に買い替え新しい機械があるかどうかも大切なように思います。
posted by 院長 at 02:38| Comment(0) | 日記

新入社員

4月から新しく働いてくれるスタッフが増えました。
とてもうれしいです。
まだ仕事に不慣れではありますが、みんな懸命に頑張ってくれています。
どうぞ宜しくお願い致します。
先日歓迎を兼ねてみんなで食事を作って食べました。
P1000028.JPG
仕事以外で一緒に何かを行うとその人の気が付かなかった良い所を発見出来て楽しいです。
P1000029.JPG
みんなで食事した後になぜかDVDを見る事になりました。P1000031.JPG
サスペンスものだったので皆さん見入ってます。
現在先輩達が仕事の空いた時間を使って色々な事を教えています。P1000032.JPG
教える事は自分の基礎確認にもなるので先輩達にも良い刺激になっているようです。
新人のみなさんに聞いたところしっかり教えてくれるので有難いと言ってました。
しばらくは覚える事がたくさんあって大変な時期ですががんばって欲しいと願っています。
今年は私も出来れば毎月一緒に食事をしながらミーティングをして精神的に支えていきたいと思ってます。



posted by 院長 at 02:16| Comment(0) | 日記