2017年04月27日

6月から予約制に移行します。

いつも当院をご利用頂いている皆様
心より感謝申し上げます。
これまで順番を取る為に朝早く並び、診察を終えるのはお昼頃。
愛する小さな家族の為にやもうえないとはいえ、お待たせして本当に申し訳なく思っております。
待ち時間を短くする為に色々な事を検討してまいりましたが、やはり予約制にする事が一番ではないかという考えに至りました。
新しい事を始めるに当たって調整する事は沢山あります。
特に気になるのは予め予約を頂いた時間にきちんと診察を開始出来なかった時の心配です。
実際病気によっては幾つもの検査が必要になったり、急患に対する対応で大幅にお待たせする事もあるはずです。また次の予約時間を気にするあまり診察を粗末にするような事をしては本末転倒です。
そこで、始める前からお願いをして恐縮ではありますが、努力をしても予約時間通りに診察を開始出来なかったとしてもご容赦いただきたくお願いします。予約制にして外来数を制限するのではなく、外来件数を維持しながらもこれまで待ち時間最大2時間以上だったものを30分以内にするのが目標です。
また電話などで予約を取る事により、順番を取る為に朝から並ぶ必要もなくなります。
どうぞよろしくお願い致します。
最初は予約制を開始してからもより良くする為に小さな調整をする必要があるので予約は1週間程度前にするつもりでいます。詳しい事が決まりましたら改めて発表致します。
予約された方を優先する形にはなりますが、予約無しで来院された方もお待たせするとは思いますが診察致します。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。
posted by 院長 at 22:12| Comment(0) | 日記

2017年04月16日

足の腫瘍

先日セカンドオピニオンで足が他の足と比べて2倍に腫れあがってしまった老犬が来院しました。
かかりつけの先生に診てもらったところ足を見るなり腫瘍だから断脚して足を切り取るしかないと云われたそうです。
当院で検査したところ、腫瘍には間違い無かったのですがそれは脂肪腫で摘出は可能と思われました。
筋肉内に大きな脂肪の塊が存在していてその為に片足だけ腫れあがっている事をお伝えして手術をする事になりました。
多分かかりつけの先生は診察が忙しくて検査を怠ってしまったのかもしれません。
DSC00090.JPG
案の定腫瘍は一番太い動脈と神経を巻き込んでいましたが、苦心して何とか摘出に成功しました。
足は半分の太さになり手術の翌日から普通に歩く事が出来ました。
良かったですね。


posted by 院長 at 02:26| Comment(0) | 日記

2017年04月01日

珍しい?手術用の機械

DSC00052.JPG
この機械は何に使うものかと言いますと四肢の手術で血液の流れを少なくして出血を減らす機械です。
この機械がない時はゴムで血管を圧迫して出血を減らしていました。
通常の手術であればある程度血管は頭に入っているので多量に出血をさせることは無いのですが、腫瘍の摘出や事故の時は予期せぬところに血管があったり出血したりするので大変です。
この機械は血を止めすぎない様に圧力を調整したり、時間を決めて自動で駆血してくれるので安全性が飛躍的に高まります。
あまり使う機会はそう多くはありませんが出血を減らして安全性を高める為には大いに助かります。
posted by 院長 at 01:39| Comment(0) | 日記