2017年04月16日

足の腫瘍

先日セカンドオピニオンで足が他の足と比べて2倍に腫れあがってしまった老犬が来院しました。
かかりつけの先生に診てもらったところ足を見るなり腫瘍だから断脚して足を切り取るしかないと云われたそうです。
当院で検査したところ、腫瘍には間違い無かったのですがそれは脂肪腫で摘出は可能と思われました。
筋肉内に大きな脂肪の塊が存在していてその為に片足だけ腫れあがっている事をお伝えして手術をする事になりました。
多分かかりつけの先生は診察が忙しくて検査を怠ってしまったのかもしれません。
DSC00090.JPG
案の定腫瘍は一番太い動脈と神経を巻き込んでいましたが、苦心して何とか摘出に成功しました。
足は半分の太さになり手術の翌日から普通に歩く事が出来ました。
良かったですね。


posted by 院長 at 02:26| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。