2017年05月12日

ちょっと困った問題

最近は夜間日立方面からの来院が増えています。
理由は日立で開業している数件の動物病院から病気になった動物を回されてくるからです。
回されていると云う表現は文字通り紹介ではないからです。
多分いらっしゃる飼い主さんはかかりつけ医から教えてもらって紹介を受けていると感じていると思いますが、
実際はこちらの方には何の連絡もありません。
今どんな病気にかかっているのか?
検査は何時していて先生の見解は?
薬は何を使っていてどのくらいの薬の量を与えているのか?
これらの事が解れば夜間であっても治療は効果的に行う道が開きます。
専門知識を持たない飼い主さんからこれらの情報を得る事は不可能です。
病気で困っている飼い主さんとペットの為に当院を紹介されるのであれば、せめて紹介後でも既往歴などの情報を頂きたいものです。
今の状況は飼い主さんの為に紹介していると云うよりは自分が夜中診察しないで楽をするために患者を回していると思えてしまいます。
同じ獣医師として残念です。
付け加えますと夜間診察を行ってもその後、かかりつけの動物病院から連絡を頂く事はまずありません。
今後ぜひお願いしたいのは動物の為に必要な情報は提供して頂き連携したいと思います。


posted by 院長 at 08:48| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。